俗にいう薬事法に

お化粧品の使った後のイラストや画像などの表現は、
市販されている医薬品などの効能結果、
また安心面の販売元が保証する表現となりますので国が定める薬事法では基本禁止です。


ドクター監修など、医師によるアドバイスで開発に関係している事実を明言し、
商品の名前に使うことも法律の薬事法では、
禁止事項です。
「利用者の感想」としていわゆる消費者からのクチコミであっても、
それはNGとなります。


「安全面は確認済!!」「異変無し!」等など、
状態の要因や使用者の性別、年齢など関係無しに使用効果を実感することができ、
また安心安全だということを保証する言葉は薬事法に触れてしまうことになります。


会社の担当や一般的な制作会社がパンフレットやチラシを制作してしまうと何が何でも売りたいという気持ちがかなり強くなってしまい、
会社の商品の得られる効果を表現して薬事法に抵触する場合も考えられます。


より効果的に自社グッズを実感させようとする告知の方法をした結果、
薬事法に抵触すると考えられます販促記事がインターネットの世界には結構あるので気を付けてください。


健康補助食品などは医薬品と間違えてしまうような宣伝方法をしてしまうと、
俗にいう薬事法や健康増進法に抵触する可能性が確かにありえますが、
みんなが見て明らかな食品でしたら法律違反では無いです。

自社ホームページのデザインが

販売商品をより魅力に実感させようとする宣伝文句をした結果、
ネットの世界には薬事法を守っていないと思われます販売促進記事が結構あるので利用してはいけません。


法律の薬事法の法令遵守に対してあまり意識が少ない会社が取り締まりされることも多く報道されています。
薬事法に対するご理解が足りていないことで、
意外な所で法律を犯してしまいます。


その販売促進活動に関与している全ての人に対して、
製造し販売をしている会社等の関連メーカーに限らず、
薬事法違反を犯してしまった場合、
違法の責任を問われるケースも考えられますので広告表記には注意が大切で必要です。


気軽に購入できる医薬品などの効果、
安全性のコスメアイテムの使った後のイラストやピクチャー等の表現については、
販売元が保証する言葉となりますので原則のこととして日本の薬事法では禁止です。


会社の商品の実際の効果を表現してパンフレットや広告を社内スタッフや薬事法を知らない制作会社が作ってしまいますと何が何でも売りたいという思いが相当強くなってしまい、
薬事法に抵触するケースも考えられます。


市場へ出す時、「飲むと疲れが溜まっている目がかなり改善します!」「ドライアイも解消出来ます」などとブルーベリーエキス配合のサプリメントを期待できる効果の言葉を世間に伝えることをしたくなりますが、
このようなことはすべて国の薬事法に抵触します。

俗にいう医薬部外品が

食物の販売に関する薬事法の内容に触れてしまった場合に対しての罰則というのは結構重いものです。
話題の健康食品メーカーでも、店頭商品の回収などを法に則り命じられた場合もありますのできちんと検討しましょう。


医薬品と勘違いされてしまうような宣伝文句を行うと、
サプリなどは日本の薬事法や健康増進法に違反をしてしまうおそれがたしかにありますが、
消費者が見て「これは食品だ!」という場合でしたら特に心配は無いです。


販売商品の実際の効果を言葉にしてチラシやホームページを制作担当者やその辺の制作会社が企画すると人気商品にしたいという思いが表に出てしまい、
いわゆる薬事法に抵触する場合も十分にあります。


ドクター監修など、医師等が開発に関わっていることを表示し、
商品の名前に使用することも薬事法が定めることでは、
禁止事項です。
「購入者の意見」としてユーザーからの体験談であっても、
それはNGとなります。


いわゆる薬事法に違反しない宣伝方法では、
グッズの魅力を伝達することができなく、
売り上げが落ちると簡単に考えていませんか?厳しい薬事法を遵守し、
魅力いっぱいの広告を企画することがオススメです。


会社で気が付かないうちに利益をさらに向上させるため国から決められた薬事法に抵触してしまう表現を提示している場合が非常に多く、
検索結果からの削除にヤフーなどのチェックに触れることでなることがあります。


「いわゆるピーリングによって若々しさを成功することが可能な驚きの商品です!」「1ヶ月で10キロ体重が減る!」など、
国の薬事法に抵触に主な効果を表現する表記の記事はなってしまうケースがあるのでご注意ください。


美容コスメの使用前後のイラストや動画像等の表現は、
市販の医薬品等の結果効能、安心面の確保などの保証する表現となりますので薬事法の内容では法的に禁止です。

最新記事

  • お化粧品の使った後のイラストや画像などの表現は、市販されている医薬品などの効能結果、また安心面の販売元が保証す …

    俗にいう薬事法に

  • 販売商品をより魅力に実感させようとする宣伝文句をした結果、ネットの世界には薬事法を守っていないと思われます販売 …

    自社ホームページのデザインが

  • 食物の販売に関する薬事法の内容に触れてしまった場合に対しての罰則というのは結構重いものです。話題の健康食品メー …

    俗にいう医薬部外品が