薬事法についてを理解していなければ

俗にいう医薬部外品の存在が、日本の薬事法をもっと難しくしている原因とも言えます。
医薬品というのに準ずるような特殊な成分が配合されていることもありますが、
得られる効果が少ししか得ることが出来ないのがいわゆる医薬部外品というワケです。


「1ヶ月で10キロ体重が減る!」「ピーリングをすることで若々しさを成功することが出来る優れもの!」など、
得られる効果を言葉にするコピー記事は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになる場合があるので利用してはいけません。


国の薬事法に違反しない宣伝方法では、
販売商品の魅力を伝達することが出来なく、
売上が落ちると思っていたりしていませんか?薬事法などを遵守し、
わかりやすい広告を提供することが最も重要です。


特殊な医薬品のような販売促進活動を行うと、
人気のサプリ等は俗にいう薬事法や健康増進法に触れるおそれが十分にありますが、
全ての人が見て「これは食品だ!」というケースでしたら法律違反では無いです。


販売している商品の実際の効果を表現してパンフレットや広告を社内スタッフや法律をあまり理解していない制作会社が提案してしまうと販売したいという思いが表に出てしまい、
いわゆる薬事法違反になることも十分にあります。


販売している商品の素晴らしさを国の薬事法に違反しない販売促進活動では、
伝達することが出来なく、人気が落ちると楽観視していませんか?印象の良い広告を国の薬事法を遵守し、
使用することが無難です。

会社の商品の魅力を

ブルーベリー配合のサプリを販売をする時、
「毎日きちんと飲み続けると疲れた目が治ります!」「低下した視力を取り戻す!」などと主な効果の表現を世間に伝えることをしたくなりますが、
このような言葉は全て薬事法を守らなかった表現になります。


広告そのものが小さかったり派手すぎる広告を展開しないから関係ないなどと気軽な気持ちでいませんか?もし薬事法の内容に触れてしまった表現が展開された時、
出荷の停止などを課せられたケースがあるので覚えておきましょう。


どんな時でも俗にいう医薬品等を製造して販売、
広告を配信する際に関係するのが法律の薬事法です。
保健衛生をさらに高めることを図る目的として考案された国の法律です。


「使用することでみずみずしさを得ることが可能な素晴らしい商品です!」「一ヶ月後には5キロ減ってます!」など、
薬事法に触れることに期待できる効果を表現するコピー記事はなってしまうケースがあるので注意しなければいけません。


商品などの主な効果を言葉にしてチラシやホームページを会社スタッフやその辺の制作会社が作ってしまいますと人気商品にしたいという思いが表に出てしまい、
日本の薬事法に抵触するケースも考えられます。


健康食品を市場へ出す場合に、薬事法におきましては、医薬品と誤認されてしまわないような宣伝文章の表現を使わなければいけません。
考えられないところでそれを覚えておかなければ、
違法なことを犯してしまっているのです。


販売促進のため担当者レベルで知らないところで薬事法を守らなかった表現を使用してしまっているケースがとっても多く、
検索エンジンの検査などに指摘されてしまうことで消されることになってしまう場合も考えられます。


社員や知識の無い制作会社が、ホームページやパンフレットを作ってしまうと何が何でも売りたいという思いが表に出てしまい、
グッズの実際の効果を言葉にして薬事法に抵触する場合も十分にあります。

「副作用無し!」

いわゆる医薬品というものは、各商品ごとに直接の入れ物、また被包に記載する必要のある項目等が定められているのです。
この絶対に記載の必要のある重要事項などは「法定表示」と呼ばれています。


「無危害についてはチェック完了です!」「副作用皆無!」などの、
身体の状態や性別、年齢等一切問わず使用効果を得ることができ、
安心して利用出来るということをメーカーが保証する表現は薬事法に触れることになります。


薬事法についてを簡単に購入出来る医薬部外品の存在がさらにややこしくしている要因です。
いわゆる医薬品に準ずるような成分はありますが、
そこまで大きく期待できる効果が無い商品が簡単に購入出来る医薬部外品なのです。


自社グッズをより効果的に感じさせる販促をした結果、
ウェブ上には薬事法に触れてしまっていると思われます不適切とも言える記事が数多くあるのでご注意ください。


社内従業員や薬事法を理解していない制作会社が広告やカタログを企画するととにかく「売りたい!」という気持ちが表に現れてしまい、
販売している商品の期待できる効果を表現していわゆる薬事法に抵触することも考えられます。


市販されている医薬品等の効能結果、
さらに安全性の美容化粧品の使う前や後のデザインや動画等の表現については、
販売元が保証する言葉となりますので原則としまして国の薬事法においては罰せられます。

ジャンルが違う医薬品のような

人気ドクター監修など、開発に関わっている事実を名言し、
その商品名に使用することも日本の薬事法では、
違法になります。
「利用者の感想」として他人などからの声でも、
認められません。


社内の広報レベルで理解しないうちに利益向上のため薬事法に触れてしまう表現を使用してしまっているケースが非常に多く、
Google村八分にヤフーなどの検索サイトの検査に抵触することでなる場合も考えられます。


薬事法についてを理解していなければ、
サイトレイアウトが素晴らしくても、
意外な所で抵触をしてしまう可能性があります。
製薬業者やクリニック、化粧品や健康補助食品などのそれらの中でも特に注意しなければいけないのは宣伝サイトです。


より購買力を高めるためにグッズを実感させようとする宣伝方法をした結果、
薬事法を守っていないとなる不適切な宣伝の記事がオンライン上には多くありますので注意しましょう。


宣伝の広告スペースが小さかったり目立つ広告を展開しないから法律違反では無いだろうと楽観していないでしょうか?万が一薬国の薬事法に抵触した表現が採用された場合、
店頭商品の回収などを出されるケースがありますのできちんと検討しましょう。


市販の医薬品等は、その商品毎に入れ物、または直接の被包に必ず記載する必要のある事項が存在します。
この記載する必要のある事項などはいわゆる「法定表示」と呼んでいます。


「セーフティ面はご安心を!!」「悪影響無し!」等といった、
体の状態や利用者の性別、年齢など関係無しに使った後の効果を得ることができ、
また安心だということを保証する言葉は国が定める薬事法に違反になります。

俗にいう薬事法の

薬事法などに抵触しない販売活動では、
会社の商品の魅力を伝達することが出来なく、
売り上げが落ちると思ってはいないでしょうか?国の薬事法を遵守し、
印象の良い広告を制作することが必要です。


広報レベルで気が付かないうちに利益をさらに向上させるため薬事法の内容に触れてしまう表現を表記しているケースが結構多く、
検索エンジンからの削除にGoogleなどの検索エンジンのチェックに指摘されることでなってしまうケースも考えられます。


自社グッズの得られる効果を表現して広告やカタログを社内スタッフやその辺の制作会社が制作してしまうと人気商品にしたいという気持ちが表に現れてしまい、
国が定める薬事法に抵触するケースも十分にあります。


「一週間後には3-5キロ減量に成功!」「いわゆるピーリングによってエンジング効果を成功することが出来る魅力的なもの!」など、
実際の効果を表現する宣伝は薬事法に触れてしまうことになりますのでお気をつけ下さい。


自社グッズをもっと魅力に感じさせる販促をした結果、
Web上には薬事法に触れると考えられますコピーライティングがあふれていますので注意しなければいけません。


それらの販促に関わっているのみんなに、
開発し販売をしている業者などの関連するメーカーに限らず、
薬事法違反を犯してしまった場合、
事実の責任を問われることも十分にありますので慎重に行うことが必須です。


化粧品の使用する前や後の図面や動画等の表現については、
いわゆる医薬品等の効能結果、安全性の確保などの保証してくれるような言葉となりますので薬事法が定めることでは原則としまして認められません。

最新記事

  • 俗にいう医薬部外品の存在が、日本の薬事法をもっと難しくしている原因とも言えます。医薬品というのに準ずるような特 …

    薬事法についてを理解していなければ

  • ブルーベリー配合のサプリを販売をする時、「毎日きちんと飲み続けると疲れた目が治ります!」「低下した視力を取り戻 …

    会社の商品の魅力を

  • いわゆる医薬品というものは、各商品ごとに直接の入れ物、また被包に記載する必要のある項目等が定められているのです …

    「副作用無し!」