薬事法の

人気ドクター監修など、特定の人が開発に携わっていることを表示し、
商品の名前に使うことも俗にいう薬事法では、
違法になります。
「購入した人の意見」としてユーザーからのクチコミでも、
NGです。


日本の薬事法では、「医師監修」など、特定の人が開発に関わっている事実を名言し、
その商品名に使用することも違法になります。
消費者などからの「愛用者の口コミ」としてクチコミでも、
NGです。


「体への悪影響に関しては心配はいりません!」「体に影響無し!」などなど、
現在の体の状態や性別、年齢等一切問わず使用後の効果を期待でき、
安心して購入出来るということを会社が保証するような表現は薬事法に触れることになります。


口に入れる物の販売についての薬事法に触れる場合に対しての罰は結構重いものです。
大きなサプリ販売会社であったとしても、
出荷商品全ての回収などを言い渡された事例もありますのでしっかりと考えましょう。


いつでも市販されている医薬品などを研究し販売し、
そして販促活動をする場合に無視出来ないのがいわゆる薬事法についてです。
保健衛生における活性化を目的として考案された大切な法律の一つです。


「悪影響無し!」「安心については心配はいりません!」などなど、
使用後の効果を期待でき、利用者の性別、年齢といったことを関係無く安心して購入出来るということを会社が保証するような表現は薬事法に触れることになります。


薬事法についてを簡単に購入出来る医薬部外品の存在がさらにややこしくしている原因の一つです。
市販の医薬品等に準ずるような成分の配合もありますが、
そこまで効果的に主な効果が認められていないのが簡単に購入出来る医薬部外品というワケです。


俗にいう医薬部外品の存在が、法律の薬事法を非常にややこしくしている理由です。
医薬品に準ずるような配合成分が含まれていることもありますが、
効果効能がそこまで高く認められていないものが俗にいう医薬部外品というワケです。

人気のブルーベリーサプリを

健康雑貨やサプリメントなどは薬事法で制限されている対象となる品目ではありません。
ちなみに、気軽に購入できる医薬品などと誤認識されるような表現を提示したり、
広告活動をする場合に実行してしまうと、
薬事法に触れる表現となります。


HPのデザインが納得の完成度であったとしても、
何かと話題になる薬事法を理解していなければ、
理解していないところで違反をしてしまう可能性があります。
なかでも特に気をつけなければいけなのはクリニックや製薬会社、
コスメ商品やサプリメントなどのアフィサイトです。


「一週間でキロ減量!」「使うことによって若々しさを手にすることが出来る驚きの商品です!」など、
主な効果を表現する宣伝文章は薬事法に触れてしまうことになるケースがありますので避ける必要があります。


日本における薬事法に抵触しない宣伝では、
自社アイテムの素晴らしさを消費者に伝えることが出来なく、
販売本数がダウンすると思っていたりしていませんか?いわゆる薬事法を遵守し、
魅力いっぱいの広告を提供することが必要です。


気軽に買える医薬部外品の存在が、
薬事法についてを難しい法律にしている要因の一つです。
ドラッグストアの医薬品などに準ずるような成分が入っていることもありますが、
期待できる効果がそこまで効果的に無い商品が簡単に購入出来る医薬部外品なのです。


商品毎に容器に直接、他には被包にそもそも医薬品というのは、
表記しなければいけない文章などがあります。
この記載する項目などは「法定表示」と呼んでいます。


健康サプリメントなどは厳しい規制のある医薬品のような宣伝の方法を実践すると、
いわゆる薬事法や他にも健康増進法に触れてしまう可能性がもちろんありますが、
みんなが見て「これは食品だ!」というケースでしたら心配無いです。


人気のブルーベリーサプリメントを販売をする時、
「きちんと飲み続けると疲れが溜まっている目が解消します!」「乾燥目にも効果があります」などと効果効能の言葉をユーザーに伝えることをしたくなりますが、
全て薬事法の違反になります。

販売促進活動のため

制作担当者や知識を理解していない制作会社がチラシやホームページを作成すると、
少しでも多く売りたいという思いが出てきてしまい、
自社グッズの得られる効果を言葉にして国の薬事法に抵触する場合も十分にあります。


「医師監修」など、開発段階に関わっていることを表示し、
販売商品名にすることも俗にいう薬事法では、
禁止事項です。
「体験者の口コミ」として消費者などからの意見でも、
それはNGとなります。


医薬品と誤解されるようなコマーシャルを展開すると、
健康サプリ等は国の薬事法や健康増進法に触れてしまうおそれがたしかにありますが、
全ての人から見てもあからさまに食品のケースでしたら、
大丈夫です。


どんな時でも医薬品などを作って販売し、
広告を配信する際に関わってくるのが日本における薬事法です。
保健衛生をさらに高めることを図ることを目的として考えられている法律となります。


「購入することによって若々しさを手にすることが可能なスグレモノなんです!」「1ヶ月で10キロ痩せる!」など、
国が定める薬事法に違反に主な効果を言葉にするコピーライティングはなってしまう場合もあるのでご注意ください。


気軽に買える医薬部外品の存在が、
国の薬事法をややこしくしている原因の一つです。
そもそも医薬品に準ずるような成分が配合されることもありますが、
得られる効果がほとんど無いのが簡単に購入出来る医薬部外品なのです。

俗にいう薬事法に

お化粧品の使った後のイラストや画像などの表現は、
市販されている医薬品などの効能結果、
また安心面の販売元が保証する表現となりますので国が定める薬事法では基本禁止です。


ドクター監修など、医師によるアドバイスで開発に関係している事実を明言し、
商品の名前に使うことも法律の薬事法では、
禁止事項です。
「利用者の感想」としていわゆる消費者からのクチコミであっても、
それはNGとなります。


「安全面は確認済!!」「異変無し!」等など、
状態の要因や使用者の性別、年齢など関係無しに使用効果を実感することができ、
また安心安全だということを保証する言葉は薬事法に触れてしまうことになります。


会社の担当や一般的な制作会社がパンフレットやチラシを制作してしまうと何が何でも売りたいという気持ちがかなり強くなってしまい、
会社の商品の得られる効果を表現して薬事法に抵触する場合も考えられます。


より効果的に自社グッズを実感させようとする告知の方法をした結果、
薬事法に抵触すると考えられます販促記事がインターネットの世界には結構あるので気を付けてください。


健康補助食品などは医薬品と間違えてしまうような宣伝方法をしてしまうと、
俗にいう薬事法や健康増進法に抵触する可能性が確かにありえますが、
みんなが見て明らかな食品でしたら法律違反では無いです。

自社ホームページのデザインが

販売商品をより魅力に実感させようとする宣伝文句をした結果、
ネットの世界には薬事法を守っていないと思われます販売促進記事が結構あるので利用してはいけません。


法律の薬事法の法令遵守に対してあまり意識が少ない会社が取り締まりされることも多く報道されています。
薬事法に対するご理解が足りていないことで、
意外な所で法律を犯してしまいます。


その販売促進活動に関与している全ての人に対して、
製造し販売をしている会社等の関連メーカーに限らず、
薬事法違反を犯してしまった場合、
違法の責任を問われるケースも考えられますので広告表記には注意が大切で必要です。


気軽に購入できる医薬品などの効果、
安全性のコスメアイテムの使った後のイラストやピクチャー等の表現については、
販売元が保証する言葉となりますので原則のこととして日本の薬事法では禁止です。


会社の商品の実際の効果を表現してパンフレットや広告を社内スタッフや薬事法を知らない制作会社が作ってしまいますと何が何でも売りたいという思いが相当強くなってしまい、
薬事法に抵触するケースも考えられます。


市場へ出す時、「飲むと疲れが溜まっている目がかなり改善します!」「ドライアイも解消出来ます」などとブルーベリーエキス配合のサプリメントを期待できる効果の言葉を世間に伝えることをしたくなりますが、
このようなことはすべて国の薬事法に抵触します。

最新記事

  • 人気ドクター監修など、特定の人が開発に携わっていることを表示し、商品の名前に使うことも俗にいう薬事法では、違法 …

    薬事法の

  • 健康雑貨やサプリメントなどは薬事法で制限されている対象となる品目ではありません。ちなみに、気軽に購入できる医薬 …

    人気のブルーベリーサプリを

  • 制作担当者や知識を理解していない制作会社がチラシやホームページを作成すると、少しでも多く売りたいという思いが出 …

    販売促進活動のため